点検の必要性

HOME > 点検の必要性

点検をおこなう義務

点検は法律により必要な義務

建物の所有者様・管理者様・お部屋の占有者様は東京都条例により、消防設備点検が義務となっております。これらは契約内容により義務を負う方が異なりますので、確認が必要となります。
義務のある方は定期的な検査をおこない、その結果を消防署署長等に報告しなければなりません。

———-

点検の周期

確実に作動することを確認する

消防機器の点検は半年に一度以上が必須となります。
的確な配置と損傷の有無を外観から確認する外観点検。消防設備が正常に機能するか確認する機能点検。この2つの点検をおこなわなければなりません。
さらに年に一度、総合点検が義務となります。
消防設備の全てを作動させ、正常に機能するか確認をおこないます。
この二つの点検を、合わせて最低でも年に三回おこなうことが求められます。

———-

消防法規定

消防法第44条(点検に関する法律)に違反した者には30万円以下の罰金又は拘留が定められています。

WEBからのお問い合わせ

CORPORATE PROFILE

〒203-0032
東京都東久留米市前沢4-20-18
TEL:042-444-3731
FAX:042-444-3667
MAIL:info@yamato-bousai.jp

  • 総務省消防庁
  • facebook
  • twitter

PAGE TOP