消防設備工事

HOME > 消防設備工事

自動火災報知設備

火災を察知する仕組みを設置

感知器が火災を察知し、警報と共に消火を促す火災報知器です。
感知器には数種類のタイプがあり、建物によって最善の設置アドバイスをさせていただきます。建物の規模などにもよって異なる火災報知器が必要となりますので、まずはご相談ください。
火災を迅速に探知することが、被害を食い止める最良の手段となるのです。

———-

防排煙設備

被害を最小限に食い止めるために

火災で最も恐ろしいものは実は煙による二次災害です。防排煙設備の役割は、煙の拡散を防ぎ、各種防災設備を連動発動させ、煙の災害を食い止める働きをします。
煙感知器が火災を察知すると、各種施設に情報を伝え、緊急時に素早い対応を促します。
防排煙設備は火災エリアを隔離し、火と煙の広がりを食い止める役割を果たすのです。

———-

消火設備

防災の要となる消火設備

消火設備には空間により特性の異なる設備が必要となります。
大和防災設備では入念な調査により、スプリンクラー・水噴霧消火設備・泡消火設備・不活性ガス消火設備・ハロゲン化物消火設備・粉末消火設備・消火器などの消火設備を使い分け、設置のご案内をしております。
効率的な消火設備が防災対策のカギとなります。

———-

避難設備

命を守る避難設備

大和防災設備では、建物とお部屋により避難設備を使い分け設置致します。
緩降機・救助袋・避難はしごを建物の構造を分析し、より効果の見込める避難設備を設置し、万が一に備えます。
人命を守るための設備ですので、万全を大和防災設備がご提案致します。

———-

誘導灯

効果的な誘導を心掛ける

誘導灯は緊急時のとき、安全な場所へと誘導する役割が求められています。
直線距離で30m離れた場所から確認できるものでなければならない誘導灯には、点滅し存在をアピールするものや、音声による誘導が可能なものがありますので建物によって、より効果が見込めるものを設置する必要があるのです。

———-

非常警報設備

危険を知らせ、避難を促す消防設備

非常警報設備は一般に非常ベルと呼ばれるものです。
火災などの災害を知らせ、避難を促す非常警報設備の持つ役割は万が一に備える消防設備の代表格ともいえる有名な設備となります。
多くの方に確実に異常を伝える消防設備工事を、大和防災設備が承ります。

WEBからのお問い合わせ

CORPORATE PROFILE

〒203-0032
東京都東久留米市前沢4-20-18
TEL:042-444-3731
FAX:042-444-3667
MAIL:info@yamato-bousai.jp

  • 総務省消防庁
  • facebook
  • twitter

PAGE TOP